米のとぎ汁洗顔の方法を知ってシミ消し対策

米のとぎ汁洗顔の作り方と方法|シミを自宅で消すなら必須よ!

 

米のとぎ汁洗顔の方法

 

 

米のとぎ汁洗顔は
自宅でシミを消すには欠かせない!

 

 

このサイトで繰り返し言ってるけど
シミの原因は「ターンオーバーの衰え」よ。
メラニンを含んだ古い肌細胞が残るのが原因。

 

さらに古い角質が残ったお肌は
ターンオーバーを狂わせちゃうから厄介。
そこでシミ対策にピーリングが注目されるの。

 

ただし市販のピーリングジェルは
今作られている「新しい角質」まで取るの。
結果、ターンオーバーがまたまた狂っちゃう。

 

だから「米のとぎ汁洗顔」が良いの。
お米の優しい粒子で「古い角質」だけを取る。

そう、米のとぎ汁は「最強のピーリング」なのよ。

 

 

米のとぎ汁洗顔料の作り方 (材料:米3合〜5合)

 

1:釜に入れたお米に水を入れてサッと洗って水を切る。

 

まずはお米に付いてる「汚れ」を洗い落として。
ポイントは時間をかけずサッと軽く洗うこと。
洗いすぎると米の成分を取っちゃうから。

 

2:水を切ったお米をこするように揉みこむ (時々かき混ぜる)

 

指の腹で「手前→奥→手前→奥」と揉みこむ。
お米の成分を絞り出すようなイメージでね。
これを2〜3分かけてエキスを出すの。

 

3:釜に200CC〜400CCの水を入れて混ぜる

 

しっかり「お米のエキス」を出したら
お米の量に合わせて200〜400ccの水を入れる。
すると「トロっとした米のとぎ汁」ができるわ。これで完成。

 

 

米のとぎ汁洗顔の具体的な方法

 

1:米とぎ汁に「人肌のぬるま湯」を入れて1.5倍に薄める

 

人肌のぬるま湯で洗顔するのがコツ。
これで毛穴の奥までしっかり洗えるから。
冷水は毛穴を引き締めるから効率が悪いの。

 

2:以下のステップで洗顔する

 

作った米のとぎ汁で
顔全体を汚れをまず落とす。
またぬるま湯で毛穴を広げるのよ。

 

手の平を大きく使って
顔全体をまんべんなく洗いましょう。
入念にする必要はないからサッとで完了。

 

あまりこのステップをやりすぎると
米のとぎ汁がなくなっちゃうから注意(笑)
それでは次のステップに行きましょう!

 

 

次にアゴから頬へ向かって洗顔(上の絵)
ポイントは矢印の方向に押し上げるイメージ。
ただ強くやると肌が傷むから軽く押し上げる感じ。

 

次は同じ要領で頬から額に向かって洗顔よ。
これを合計10回ほど繰り返すと完了。
指の腹を使って優しくやってね。

 

下から上へ手を動かすことが大切。
逆方向にやっちゃうと「たるみの原因」に…。
だから矢印に従って洗顔してね。

 

 

口の周りをなでるように洗顔する。
唇のマッサージも兼ねて洗顔すると気持ち良いわ。
これを5回ほど繰り返して完了。

 

最後にシミが気になる部分を
中指と人差し指を使って優しくなでるの。
シミの輪郭に沿うようになでるのがポイントよ。

 

これで古い角質が取れて
ターンオーバーを整えることができるわ。
自宅でシミ消し対策するなら必須の洗顔方法よ。

 

 

 

さらにターンオーバーを活性化させる方法がある!

 

 

あなたはお肌のターンオーバーが衰える
一番根っこの原因を知ってるかしら?
実は「ある細胞」が原因なの。

 

それはお肌の真皮にある「線維芽細胞」よ。
この細胞が弱ればターンオーバーも衰えるわ。
つまり線維芽細胞を再生することが「答え」なの。

 

残念だけど米のとぎ汁洗顔だけでは
真皮の線維目細胞に働きかけるのはムリ。
あくまで不要な角質を落とすことしかできないの。

 

つまり・・・

 

米のとぎ汁洗顔を使った「表皮ケア」と
ある方法で線維芽細胞を活性化する「真皮ケア」の
ダブルで行うことが「最強のシミ消し対策」ってことよ。

 

実はその方法が「格安で体験」できるの。
まだ使ったことがない女性は絶対に試すべき。
化粧品を買うぐらいなら絶対こっちの方が良いから。

 

シミを消す答え「線維芽細胞」が再生する!RIKOおすすめの方法とは?