くすみにビタミンCを塗る効果とは?

くすみにビタミンCを塗ると効果ある?|肌に吸収されない事実

 

ビタミンCを塗る行為は肌に吸収しないため効果が期待できません。くすみを消すには最低でも角質層までに浸透させることが条件なのです。

 

 

くすみにビタミンCは効果的だけど
肌に塗るだけじゃダメよ!

 

 

ビタミンCは肌に塗るだけじゃ吸収しない。
これは美容業界ではもはや常識なのよ。
つまりフルーツパックも効果なし。

 

ビタミンCってとても不安定な成分なの。
肌に塗ると空気に触れちゃうよね?
それだけで壊れるほど弱い。

 

さらに紫外線や空気にふれて
ビタミンCが酸化しちゃうと超危険よ!
過酸化ビタミンCになって肌を傷つけるから。

 

そこでビタミンCの「安定性」を高めることで
お肌に吸収しやすく開発されたのが
ビタミンC誘導体ってやつ。

 

今じゃビタミンC誘導体の
美容液は多く売られてるからね
誰でも気軽に使えるようになったわ。

 

 

ビタミンC誘導体でも肌への吸収は表皮の上部を構成する「角質層」までです。化粧品は全てそうだと言って過言ではないでしょう。

でも、ビタミンC誘導体は
角質層までしか吸収しないわよ。

 

 

お肌はサンドイッチのように「層」になってる。
皮脂膜→角質層→表皮層→真皮層・・・
こんな構造になってるの。

 

ビタミンC誘導体だけじゃなく
全ての化粧品は浸透しても角質層まで。
それ以上の浸透は認められていないのよね。

 

もちろんビタミンC誘導体が
角質層に届くだけでも効果はあるわ。
ビタミンCは角質層でこんな働きをするから。

 

 

ビタミンCが「角質層」に働きかける効果

 

1:毛穴周りの角質を整えて引き締める。
2:活性酸素を除去してメラニンができにくくする。

 

 

毛穴が引き締まることで
肌の凸凹が少なくなってキメが整う。
さらにメラニンによる肌のくすみも予防できる。

 

つまりビタミンC誘導体入りの化粧品でもね
お肌のくすみを改善する効果はあるわ。
でもビタミンCってもっとスゴイの。

 

 

真皮までビタミンCを届けたとき
お肌そのものが若返る!

 

 

線維芽細胞にビタミンCを吸収させたときに肌のくすみは勿論、全ての老化現象を止めることができます。

 

 

肌老化の原因って解明されているわ。
それは真皮の「線維芽細胞」が衰えることよ。

 

肌の「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」は
この線維芽細胞が全部作っているのよ。
これって美容の王道成分よね。

 

さらに新しい肌細胞を生み出す「基底層」を
サポートしているのも線維芽細胞なの。
お肌の心臓と言っても良いほどよ。

 

で、ビタミンCがすごいのはね
線維芽細胞を活性化させることなの。
だから真皮層まで届けることが重要ってこと。

 

 

ビタミンCを真皮まで吸収させるには
イオン導入などの専門技術が必要よ!

 

 

ビタミンCを真皮まで吸収させるには
残念だけど化粧品だけではムリなの。
そこで「イオン導入」の登場よ。

 

イオン導入はビタミンC誘導体の
100倍の浸透力があるって言われるほど。
化粧品を買うぐらいならイオン導入をやるべき。

 

ビタミンCを肌へ吸収させるにはエステにある本格的なイオン導入器を使うことが大切です。

最近では家庭用の商品も売ってる。
でも「本物のイオン導入」をした方が良い。
やっぱり自宅用って簡易的に作られてるから。

 

それに家庭用でも高額だからね。
まずは本物のイオン導入を試してから
購入するかどうかを検討した方が賢いわよ。

 

「でも本格的なイオン導入って高額でしょ!?」

 

いいえ、実は「500円」から体験できる(笑)
さらに肌老化をストップさせるための
全ての施術もセットで付いてくる。

 

くすみと肌老化の両方を短期間で解消したい!
そんな欲張りな女子におすすめよ。

 

>> 若返りの答え「線維芽細胞」を活性化させる「激安サービス」とは?