美白クレンジングでメイク落とし

美白クレンジングのコツ!間違ったメイク落としがシミやくすみの原因!

 

美白クレンジングのコツは洗浄力の強い洗顔料で汚れを徹底的に落とすことです。

 

 

美白クレンジングのコツは
洗浄力の強い洗顔料を使うことだった?!

 

 

美白になるためには
肌を傷つけないことが大切だよね?
だから肌に負担をかけないように気遣うと思う。

 

で、「肌に優しいクレンジング」に魅力を感じちゃう。
洗浄力が強い洗顔料って肌を傷つけるから
美白作りに悪影響だって思うからね。

 

でも、肌に優しいクレンジングって
洗浄力が弱い商品とイコールだということ。
つまりメイク落としがしっかりできないのよ。

 

 

クレンジング剤による刺激よりも
メイク残りの刺激の方がダメージ大なの!

 

 

お肌にメイクが残るとどうなると思う?
メイクは皮脂や空気と混ざって「酸化」する。
肌が酸化するというのは「肌がサビる」ってこと。

 

肌の中でメラニンが発生するメカニズムを知ろう

その結果、酸化の刺激から肌を守るために
肌の奥から「メラニン」が大量に発生する。
メラニンは肌を守るシールドだからよ。

 

メラニンが発生したらどうなる?
肌を作る角質がメラニン色に染まる。
つまり肌にシミやくすみがポコポコ出てくる。

 

あなたは美白になりたいんでしょ?
じゃあメラニン発生の犯人「メイク残り」を
クレンジングで徹底的に除去するのが絶対条件よ。

 

RIKOはその日の「メイクの濃さ」によって
洗浄力の強いクレンジング剤を使い分けてる。
そして最後は「無添加石鹸」でダブル洗顔するの。

 

不純物ゼロの「無添加石鹸」で洗顔すべき理由とは?

 

これでメイク落としを完璧にする。
でもあなたに言っておきたいことがあるの。
クレンジングは「予防」しかできないってことよ。

 

 

今あるシミやくすみを消したいなら
○○を活性化させないと一生ムリよ!

 

 

クレンジングは「メラニンの発生」を予防するだけ。
だから既にできちゃった頑固なメラニンは
取り除くことはできないわ。

 

肌の表皮を染めてしまったメラニン色素を追い出すためにはターンオーバーを使うしか手段はありません。

じゃあ肌の奥や角質にあるメラニンを
取り除くにはどうすれば良いのか?
答えは「ターンオーバー」よ。

 

ターンオーバーは「肌代謝」のこと。
約28日で「新しい肌」に入れ替える働きよ。
これが加齢で乱れたり遅くなるからメラニンが残るの。

 

つまり衰えたターンオーバーを
あなたが若かった頃の状態に戻すこと。
これが美白になるための唯一の方法なの。

 

「ターンオーバーの若返りなんてムリでしょ?!」

 

いいえ、お肌のメカニズムを知れば
それが「現実的に可能」だってことが分かる。
事実、それを叶えるフェイシャルケアはあるのよ。

 

お肌のメラニンが消えた!ターンオーバーを若返らせるフェイシャルとは?