角質層のセラミドで美白効果

セラミド原液は美白に効果なし?角質層のセラミドを増やす方法とは?

 

セラミドが美白に効果的なのは角質層の水分の大半を保湿する働きをするからです。しかし、外から補給しても期待通りの働きは行われません。

 

 

80%の肌水分はセラミドが保湿している!

 

こんな話を聞いたらどう思う?
今すぐセラミドを使いたくなるでしょ?
美白を作るには水分のキープは大切だしね。

 

でも、こんな誘惑に騙されちゃダメなの。
セラミドって表皮の「角質層」にある成分よ。
つまりそこまで浸透させないと効果なしってこと。

 

セラミドは角質層に届けて初めて肌の水分を保湿する機能を果たします。

ちなみにセラミド原液は「粒子」が大きいからね
肌バリアを通過して角質層まで届きにくいの。
そこで「セラミド入り化粧品」の登場よ。

 

でもね・・・

 

セラミド入りの化粧水や美容液は
美容成分を角質層まで届けるために
界面活性剤という化学物質が入ってるわ。

 

オーガニックを売りにした化粧品も同じよ。
界面活性剤の材料が石油由来じゃなく
植物由来の違いだけだから。

 

 

界面活性剤によって肌バリアが破壊!
あなたの肌を乾燥させるの…。

 

 

化粧品に入っている合成界面活性剤の破壊力を侮ってはいけません。

お肌は「皮脂と角質」でバリアを作ってる。
これが外からの刺激や肌の水分蒸発を防ぐの。
でも成分を肌の奥まで届けるにはコレが邪魔なのよ。

 

だから「浸透力」が売りの化粧品は
界面活性剤を入れて肌バリアを壊すわけ。
セラミドを届けるために肌バリアをダメにするの。

 

あなたが「セラミドを使う目的」って
乾燥肌を予防して美白にすることでしょ?
でも肌バリアを壊すと乾燥肌になっちゃうわよ?

 

もう良い加減に「発想」を変えるべきよ。
化粧品だけじゃ本当の美白になれない。
これからはこう考えてほしいの。

 

 

セラミドを補給するんじゃない。
お肌の中でセラミドを増やすのよ!

 

 

わざわざ肌バリアをダメにしてまで
セラミドを化粧水や美容液で補給しちゃダメ。
肌の力を使ってセラミドを増やす方法を考えるの。

 

実は、角質層にあるセラミドって
ターンオーバーの過程で作られるのよ。
つまりターンオーバーを促進すれば解決するの。

 

でも、歳を取るとターンオーバーは衰えていく。
ターンオーバーが鍵なのは分かってるけど
これができないから悩むのよね?

 

実はね・・・

 

肌の自然治癒力「ターンオーバー」を使って肌の内側からセラミドを増やして角質層に潤いを与えよう。

衰えたターンオーバーを再生するためには
どんなスキンケアをすれば良いのか
すでに分かっているのよ。

 

それを実現するためには
専門的な技術や機器が必要だけどね。
でも、そんな環境が「激安」で使えるとしたら?

 

嬉しいことにセラミド化粧品よりも安く
ターンオーバーを再生する「環境」が使えるの。
実際、RIKOはこの環境を使うことで生まれ変わった。

 

特に20代後半以降の女子へ…
今すぐターンオーバーの衰えを止めないと
シミやくすみがいつ大量発生してもおかしくないわよ。

 

セラミドがどんどん増える!ターンオーバーを再生するケアとは?