アルブチンとハイドロキノンの違い

アルブチンの美白効果とメカニズム|ハイドロキノンとの違いって?

 

アルブチンとハイドロキノンの違いが分からない人が多いように、多くの美白成分の効能や使い方を把握せずに利用する人が多いです。

 

 

アルブチンとハイドロキノンの違いって?
美白成分がいっぱいあって良く分からない!

 

 

美白に効果的な成分って
次から次へと出てくるから大変よね。
どれが一番効果的なのか悩んじゃうから。

 

アルブチンとハイドロキノンの違いはね・・・

 

アルブチンは「ハイドロキノン+ブドウ糖」のこと。
ハイドロキノンよりも自然な成分と言われる。
だから肌への刺激も少ないわ。

 

で、ハイドロキノンはブドウ糖が混ざってない分
純粋な美白成分だから効果も強いわ。
でも肌への刺激も強いの。

 

実際、濃度の高いハイドロキノンってね
皮膚科でしか処方されないから。
それだけリスクが高いのよ。

 

ちなみに「ハイドロキノン入りの化粧品」は
安全性のために濃度を薄くしてるわ。
だから美白効果も弱いってこと。

 

アルブチンとハイドロキノンの美白メカニズムは・・・

 

肌を美白にするメカニズムは2つとも同じで
メラニンを発生させる「犯人」と言われる
チロシナーゼの働きを抑制することよ。

 

 

でも、チロシナーゼって「基底層」にあるの。

 

 

基底層にあるチロシナーゼを抑制するには肌奥まで届く浸透力が必要です。しかし化粧品では物理的に不可能です。

あなたは「基底層」って知ってる?
簡単に言うと「肌のかなり奥」にあるの。
つまり、そこまで成分が浸透しないと効果なし。

 

ちなみに化粧品の浸透力って
お肌の上でペチャペチャ塗ったところで
せいぜい「角質層」までしか届かないのよ。

 

つまり、効果はほとんどないってこと。
美容成分を肌奥まで届けるのは
そんな簡単な話じゃないの。

 

いい?考え方を180度変えないとダメ。

 

 

化粧品に頼るんじゃない。
お肌の力で美白になれば良いの。

 

 

アルブチンやハイドロキノンを使わず、安全に美白になる方法は唯一「ターンオーバーの活性化」です。

美白になる方法はたった1つ。
肌にできたメラニンを除去すること。
それは「ターンオーバー」がやってくれるわ。

 

ターンオーバーとは「肌代謝」のこと。
古い肌を新しい肌に交換してくれる働きよ。
これが衰えちゃうからシミやくすみができるわけ。

 

つまりね・・・

 

ターンオーバーを活性化することが
お肌の奥にできたメラニン色素を
確実に取り除く方法だってこと。

 

アルブチンやハイドロキノンを
肌の表面に塗って満足しても意味ないの。
ターンオーバーを高める「本物のケア」はこれよ。

 

肌がどんどん美白になる!ターンオーバーの力を引き出すスキンケアとは?